「蓼食う虫も好きずき」の人がおちいり易い不健康にウォーキングダイエット

ゆったりのんびり自然を見つめて、自然と向き合う

 

人間65歳を過ぎたころから
極端に筋肉が衰えると言われています。

 

これってどんな人のことかと思ったら、
主に女性のことのようです。
男性も含めているのかと思ったら違ったんですね。

 

女性は特に顕著にみられるとのことですが
好きなものばかり食べていてはいけない方への忠告でもあると思いますが、
チョット気になる言葉です。

 

そこで、
「蓼食う虫も好き好きの」との関連はないのかチョット調べてみた。
「蓼(タデ)」は
刺身のつまなどに用いられる赤褐色の植物の事。

 

辛みがあり古くは
生薬として用いられたものであり、
これを好んで食べる人もあまりいないと思いますが、

 

タデが好きで
そればかり食べている虫もいることから、
「蓼食う虫も好き好き」とは、

 

「人の好みはそれぞれ」で、
他人から見れば、「えっ」というような交際相手や、
意外な趣味を持つ人もいるという意味で用いられることわざです。

 

たまたまですが、
ず~っと気になっていたけど、
調べもしなかったので今回この言葉の意味を調べてみました。

 

そのきっかけ
ウォーキングをしていて見つけたものですから。
最近はこの蓼も、道端で見なくなったと思います。
やはり自然環境は変わってきているのでしょうか?

 

「ねこじゃらし」もそうです。
「ねこじゃらし」も意外と固まって咲いていて
あまり見ることが少なくなったような感じがします。

 

また、トンボも少なくなったようです。
今日はラッキーにも羽根を休め、朝露を天日干ししているトンボ発見。
その間は朝露が下りた草原を眺めてり
あたりの景色を見たりしながら歩いています。
ゆったりのんびりのウオーキングをしています。

 

撮り歩きが先か、
ウオーキングが先かといえば
ウオーキングが先です。

 

きっかけはと言えば
少し運動不足で体重が増え始めたと感じ、
何か運動をしなければと思い取り敢えずウオーキングをと思って始めたところです。

 

そのうちに、ウオーキングしながら
花や、草や、木の写真を撮りたくなって
カメラを持ってと思いましたが

 

撮った写真をSNSにアップするには
私のカメラはフィルムカメラの為それができないことに気づいて
急遽、スマホを思い出して、とりあえずこれで始めようとしたのが最初のきっかけでした。

 

撮っているうちに
スマホでもアップした写真は画質の面では問題はないことから
そのうちにデジタルで高精度のカメラを用意して摂りたいと思いつつも
今でもスマホです。

 

とにかく歩き始めの時間は、
普段写真を撮る時間帯は、太陽が南のそらに上にあって、その光の位置で
植物などをみていますが、
朝陽が低いうちは、斜光が織りなす植物やお花がとても目には刺激的です。

 

このため、
この時間は、目に飛び込んでくる 草花たちの見せる表情が
目を覚めせてくれると言うこともしばしばあります。
そするうちに、いつの間にかウォーキングの時間は1時間を超えています。

 

いつものコースから引き返す途中で出会ったのが
これです。菊の花です。

 

一日のスタートにふさわしい、気力を充実させてくれる「朝陽に輝く菊の花」です。
香りも良いですね。